デジタルカタログは高い?安い?運用コストを想定して導入しよう

公開日:2021/12/01


デジタルカタログの導入を検討している人にとって、運用時の費用は気になる要素のひとつといえるでしょう。デジタルカタログは、導入時や運用中もさまざまなコストが発生します。この記事では、導入時にかかる費用やコストを抑える手段、運用にかかる費用を紹介するため、デジタルカタログの導入を検討している人は参考にしてください。

デジタルカタログの導入時にかかる費用

デジタルカタログを導入する手段は複数あります。まずは導入時にかかる費用を知り、予算と目的に合った方法を検討しましょう。

自社制作

デジタルカタログの導入には、「作成ツールを利用して自社制作を行う」という手段があります。この場合、導入時にかかる費用は0~数万円と幅広いです。作成ツールには、クラウド上でカタログ制作が可能なものと、ソフトの購入が必要なものがあります。

また、プラン内容も幅が広く、限られた機能のみが利用できる無料プランや数百円の格安プラン、豊富な機能を備えた数万円のプランまでさまざまです。そのため、使用するツールやプランによって、大きく金額に差が生まれてしまいます。

外注での制作

続いては、専門の会社にカタログ制作を依頼する方法です。この場合、費用はページ数に応じて決められているケースが多く、自社制作よりもコストがかかる傾向にあります。しかし、プロにカタログを制作してもらえるため、商品やサービスの魅力を存分に伝えることができ、結果的に高い費用対効果を生み出せる可能性があるでしょう。

デジタルカタログサービスの利用

既存サービスを活用することにより、システム費用を抑えてデジタルカタログを導入することもできます。既存サービスの場合、発生するのは商品代金と手数料のみです。カタログに掲載する商品を自社で用意する必要がないため、受注時の作業や在庫管理などにかかるコストが削減できます。

なるべく安くしたいなら自社制作がいい?

デジタルカタログ導入時のコストを抑えたい場合は、自社制作がおすすめといえるでしょう。なぜなら自社制作の場合、無料ツールや安いプランを利用して、低価格でデジタルカタログが制作できるからです。掲載する商品も自由に選択可能な上、用途に合わせてツールを選べる点も魅力。

ただし、デジタルカタログ制作には一定のノウハウが必要になり、人件費も発生します。自社にデジタルカタログの知識を持つ人材がいない場合や、時間的に制作する余裕がない場合は、専門会社に依頼をするのも手段のひとつでしょう。商品のメリットが伝わりやすいデジタルカタログの制作が期待できる専門会社であれば、費用対効果の高さにより、かかった費用の回収も見込めます。

カタログまで誘導するのも費用がかかる

さまざまな方法で導入できるデジタルカタログですが、単にインターネット上で公開しただけでは、効果を得るのは難しいでしょう。デジタルカタログは、多くの人の目に触れるような誘導も必要です。場合によっては費用がかかる誘導手段もあるため、予算と目的にあった戦略を練りましょう。

自社サイトへの掲載

誘導手段のひとつとして、自社サイトへの掲載が挙げられます。トップページにバナーを展開したり、まとめページを作成したりしましょう。その際、デザイン変更やサイトの改修が発生するケースもあります。サイトを自社制作している企業は問題ありませんが、外注している場合は依頼費用がかかるため注意が必要です。

インターネット広告の利用

高い集客を狙っている人は、インターネット広告の利用も検討しましょう。インターネット広告とは、スマートフォンアプリや各種Webサイトに掲載される広告を指します。デジタルカタログの宣伝であれば、普段からインターネットを利用している層にアプローチすることが効果的です。ただし、広告掲載の費用が発生するため予算と相談する必要があるでしょう。

SNSでの発信

SNSを利用して、自社のデジタルカタログの存在を定期的にアピールするのも友好的な誘導手段のひとつです。SNSにはTwitterやInstagram、Facebook、またLINE@といったツールがあるため、アカウントがない場合は開設し、日常的にさまざまな情報を発信し続けることをおすすめします。

若いターゲット層を狙うならTwitter、地域限定のプロモーションを狙う場合はLINE@というように、目的に沿ったツールを活用しましょう。Facebook広告を利用する場合は、インプレッション課金やクリック課金などの費用形態が存在します。コストはかかりますが、年齢や性別、仕事、趣味、家族構成などさまざまな要素でターゲット層を絞り込めるため、誘導手段としては効果の高い方法といえるでしょう。

 

この記事では、デジタルカタログの導入時にかかる費用やコストの抑え方、誘導する際の方法を紹介しました。デジタルカタログの導入方法には、それぞれ特徴やメリットが存在します。いかにターゲット層の目に留まり費用対効果を高めるかも重要になるため、戦略を練った上で予算や目的に合ったデジタルカタログの導入と運用を行いましょう。

おすすめのデジタルブック作成サービス・ツールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デジサクmeclibDigital Berryflipper u2actibook
特徴12年の実績、デジタルブック納品件数3,000件突破した老舗企業1ライセンスで誰でもどこからでも利用可能。30日間のお試しができるデジタルカタログは業界最速の1秒で起動して、ストレスなく閲覧が可能HTML5対応のデジタルブックを3ステップで簡単に作成できるソフト導入社数7,100社、3分で誰でも簡単にPDF・動画を電子ブックにできる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧